CMSとデータベース

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

データベースコンテンツマネジメントシステムを使うことでウェブページのデザインだけではなく、データベースのような一定の規則性を持ったものが使いやすくなります。データベースでは、基本的なページの作りは同じものになりますが、保存されたデータ内容の分だけが変化します。そのため、データベースをCMSなしで作ろうとすると、毎回同じ部分も合わせてHTMLとCSSでサーバーにアップしなければなりません。

CMSを使うことで、データベースの元の部分は用意することなく、内容の部分だけを入力すればデータとして保存できるため、非常に効率的なものとなります。他にも、カテゴリーやコンテンツなどをシステム化することで、様々な人が自由に更新できるため、データベース更新を効率化していくことができます。

CMSによってデータベースを作ることによって、データベースのいわゆる項目の部分をそのままに、ブラウザ上で内容を入力することが可能になる点や、さまざまな場所から簡単にアクセスすることができるため、誰でも簡単に編集ができる点などから見て、CMSによって作られたデータベースは非常に効率的なものとなります。CMSによって、以前までは紙で管理していたものが、パソコンで編集できるようになります。