CMSとデータベース

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

データベースコンテンツマネジメントシステムを使うことでウェブページのデザインだけではなく、データベースのような一定の規則性を持ったものが使いやすくなります。データベースでは、基本的なページの作りは同じものになりますが、保存されたデータ内容の分だけが変化します。そのため、データベースをCMSなしで作ろうとすると、毎回同じ部分も合わせてHTMLとCSSでサーバーにアップしなければなりません。

CMSを使うことで、データベースの元の部分は用意することなく、内容の部分だけを入力すればデータとして保存できるため、非常に効率的なものとなります。他にも、カテゴリーやコンテンツなどをシステム化することで、様々な人が自由に更新できるため、データベース更新を効率化していくことができます。

CMSによってデータベースを作ることによって、データベースのいわゆる項目の部分をそのままに、ブラウザ上で内容を入力することが可能になる点や、さまざまな場所から簡単にアクセスすることができるため、誰でも簡単に編集ができる点などから見て、CMSによって作られたデータベースは非常に効率的なものとなります。CMSによって、以前までは紙で管理していたものが、パソコンで編集できるようになります。

CMS導入でできること

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

更新コンテンツマネジメントを導入することでどのようなことができるようになるのでしょうか。まずCMSを導入することで、自社の人間が簡単にウェブページの制作や編集を行うことができるようになります。CSSやHTMLなどの専門知識を持つ人間が社内にいない場合、ページの更新のたびに更新箇所を作成し、制作会社に依頼しなければなりません。しかしながらCMSを導入することで、誰でも簡単に編集し、そのままテスト、確認を行うことができるため、スムーズな編集が可能となります。

また、CSSやHTMLを使うことができる人であっても、ページを編集するためには更新したHTMLファイルをサーバーにあげて確認するという作業が必要となります。CMSを導入することで、コーディングをする手間や、サーバーにあげて正常に動作しているかどうかの確認をするという作業自体を省くことができるため、非常に効率的となります

また、CMSを導入することで、複数のページを一つのサーバーで管理することが可能となります。そのため、1箇所から全てのページをチェックしたり、逆に複数の場所からページを作成することができたりと、非常に便利なシステムとなっております。CMSを導入することで、ページの編集にかかるさまざまな手間を省くことができます。

推奨サイト_cms
・・・コンテンツマネジメントシステムサービスの紹介をしています。

コンテンツマネジメントシステムとは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

コンテンツマネジメントシステムと聞くと、いまいちピンとこない方も多いと思いますが、中には利用したことがある方もいるでしょう。現在ではインターネットを利用するだけではなく、自分のホームページをもっている方も少なくありません。

作成ホームページを作るためにはHTMLやCSSなどの知識が必要となり、もちろん自身でそれらを構築してホームページを作成している方もいますが、ブラウザでそのままデザインしてホームページを作っている方の方が多いでしょう。このように、ブラウザでみたままウェブページをデザインすることができるシステムのことをコンテンツマネジメントシステムと呼びます

これを使うことで、HTMLなどの専門知識を持たない人たちでも、簡単にウェブページをデザインしたり、編集したりすることが可能となっており、より多くの人がウェブページを作成する機会を持てるようになっています。また、それだけではなく、HTMLファイルを更新してサーバーにアップするという作業を省いてそのままブラウザ上で編集が出来ますので、初期の構築さえできてしまえば、ページ単位で気軽にデザインを変更できるという利点もあります。

このシステムは、ただ単にホームページを作成するだけではなく、様々な用途に使うことができ、現在では国内、海外、有料、無料とさまざまなCMSが提供されています。ここでは、このシステムを使ってどのようなことができるのか、その使い方について紹介します。